優和が選ばれる理由

お客様の声を基にした優和が選ばれる理由

1
豊富な実績と経験

相続に関する
豊富な経験と実績

一般的な税理士事務所にとって一番多い業務のひとつとして、法人の月次処理や決算業務が挙げられます。これらはほぼ毎月あるため、どこの税理士事務所でも慣れたものでしょう。所得税の確定申告は、年一回のため初めのうちは思い出すのに時間がかかり件数を重ねるごとにだんだんと慣れていくといった具合です。ところが、相続税の申告は、まったくそれらとは違います。
相続税が発生するような案件が出てこないと仕事はありません。税理士事務所によっては相続案件が少なく、数年前に一度やっただけということもあります。日常的に相続案件に関わっている税理士事務所とそうでない税理士事務所では、経験数に大きな差が生まれます。相続税はどこの税理士事務所が計算しても同じ結果になるというものではないため、出来る限り経験豊富な税理士事務所にお願いするのがよいでしょう。


2
最大限の節税

最大限の節税

先にも述べたように相続税はどこの税理士事務所で計算しても同じ結果になるものではありません。お客様に喜んでいただくため報酬は適正に、税金は出来る限り少なくするよう最大限の努力をしていきます。
相続が発生してからでも評価の仕方などで、相続税は大きく変わってきます。豊富な経験と実績からお客様に合った節税方法を提案していきます。生前の早いうちから節税をしていくことで、びっくりするくらいの節税効果があるので、出来るだけ早いうちから節税対策をしていきましょう。


3
ワンストップサービス

弁護士・司法書士等との連携でワンストップサービス

相続税の申告については、税理士事務所や税理士法人が行いますが、相続については相続税の申告手続きだけではありません。相続人同士や第三者との間で揉め事が発生した場合に、法的手続きを弁護士に依頼します。また不動産を相続した場合には、相続登記という手続きが必要となります。
この相続登記手続きは、司法書士事務所や司法書士法人が行います。遺言書の作成や後見人については、弁護士や司法書士に依頼します。不動産の評価について路線価方式に対して極端に不合理な場合は、不動産鑑定士に依頼する場合もあります。これらを個々に対応していくことは大変煩雑であるため、当税理士法人がワンストップサービスで行いますので安心です。


4
今後の対策も含めた提案

今後の対策も含めた
提案を実施

相続税の申告で難しいところは、今回の相続(第一次相続)だけのことを考えてしまうと、次の相続(第二次相続)で大きく損をすることがあることです。第一次相続と第二次相続の合算で有利になる遺産分割を行うことが重要です。遺産分割のやり方で随分と税額が変わってくることもあるので、注意が必要です。無くなられた方の相続手続きは一回限りの手続きとなりますが、相続人の生活はこれからも続いていきます。
相続人の今後の生活も考慮して、今後の対策も提案することが当税理士法人の強みの一つです。そのためほとんどのお客様が、次の相続の際にも相続手続きを依頼していただいています。


5
無料相談

初回1時間無料
相談サービス

相続税のことは気になるが、実際よくわからないという方が大半です。なんとなく相続税がかかるということはわかるが、よくわからないため問題を先送りしている方も多いでしょう。さらには、時期的にまだ早いといった具合で、問題を先送りにしている方も多いです。亡くなられて相続税の申告が終わった後、ほとんどの方がもっと早くから相談しておけばよかったと言われます。
当税理士法人では、初回1時間無料相談サービスを行っています。ほとんどの方が、この初回1時間無料相談サービスでスッキリして帰られます。問題の先送りはしないで、早い段階で相談しておいてください。相談した結果、相続税がかからなかったら安心しますし、多額の相続税が発生するなら対策を考えていきましょう。


6
土日祝日、時間外対応可能

土日祝日、時間外も
事前予約で対応可能

相続人の中には、仕事の関係上土曜・日曜しか相談に行けないという方もおられます。相続人の年齢層は、40代後半から50代くらいの方が多く思われます。それくらいの年齢の方は働き盛りで、平日はより遅くまで仕事があるし、休日は相談先が休んでいるしなかなか相談に行けないという方もおられます。
当税理士法人も基本的には土曜・日曜は休みとなっていますが、事前予約していただいた方に限り土曜・日曜でも対応させていただいています。特にサラリーマンの相続人の方には喜んで頂いています。


7
スピード申告対応

スピード申告対応可能

相続税の申告書の提出期限は亡くなってから10か月以内となっています。そのため通常は、10か月間かけて聞き取り・面談段を行い申告手続きを進めていきます。なかには申告期限のギリギリに「もうすぐ申告期限だけどどうにかなりますか?」という電話による相談があります。当税理士法人では、そのような方でも出来る限り対応するように心がけています。
相続税には、期限内に申告書を提出した場合に限り適用できるような制度があります。特に小規模宅地の特例については、減額される金額も大きくなるため、期限内に申告書を提出しないと大きな損失を被るため注意が必要です。提出期限に間に合わないと思って諦めず、一日でも早く相談下さい。


8
専門家からの相談にも対応

弁護士、司法書士、税理士
の先生など専門家からの
相談にも対応可能

当税理士法人は一般のお客様だけでなく、弁護士・司法書士・税理士などの専門家の先生方からの相談も受けています。弁護士や司法書士の先生方は、仕事柄どうしても税金の話は避けて通れません。よくわからないからといっていい加減に対応するとお客様からの信用を失ってしまうことにも繋がってしまいます。
我々も税金以外の法律についてわからないときは相談させていただきますので、ウィンウィンの関係でいられます。税理士の先生でも法人の仕事はやるが、相続の仕事はやらないという方もおられます。そのような場合でも法人の社長様が亡くなられたときは、相続税が関係していきます。「うちは相続税はやりません。」と言い切ってしまえば、他の税理士先生に代わってしまう場合もあり得ります。そのような場合に当税理士法人が共同して相続税の申告をお手伝いさせていただきます。相続税の申告を行うだけなので、手続き終了後も今まで通りの顧問契約を継続していただけますので安心です。


9
わかりやすい報酬料金

わかりやすい報酬料金

・相続税の簡易試算は原則として5万円。 (物件があまりに多い場合は事前に相談させていただきます。) 当税理士法人の簡易試算を生前に行われた方は、実際の相続の際に簡易試算で支払った金額を値引きさせていただきます。
・相続対策コンサルティングは、最低金額が月額1万円からとなっており、サービス内容によりアップします。 勝手に報酬を決めることは致していません。 必ずお客様と相談の上決めさせていただきますのでご安心ください。
・相続税の申告手続きは、財産価額の1%であるためわかり易いです。 当税理士法人は、「報酬は適正、税金は出来る限り安く」をモットーにしています。 お客様の支払い負担が他の税理士事務所と比べ、総額で安くなるよう心がけています。 そのため他の税理士事務所がやってもあまり効果が得られないような場合等のために最大50%の減額があるためご安心ください。


10
親切

親切でわかりやすい対応

当税理士法人は、出来る限り専門用語を使わないようにしています。たまに外資系企業や専門性の高い業種の方と話をすると横文字や専門用語が多すぎて、ほとんど話が理解できないことがあります。正しいことを言っていても相手に伝わらなければ何の意味もありません。相手に伝わってこそ意味があるものになります。
当税理士法人は、お客様が内容を理解し、納得していただけるようにわかり易く説明させていただきます。わからない場合は、気にせずわからないと言ってください。わかるまで何度も説明させていただきます。



難しい事案から簡単な事案まで幅広く対応可能で、相談だけも取り扱っております。
まずは、お気軽にご連絡ください。

ページトップへ戻る