2019年 2月

相続税の課税価格1億円以下の申告が増加

平成27年1月1日より基礎控除が引き下げられたため、

申告等の増加が見込まれていましたが、

地価が高く基礎控除引き下げの影響を特に受けると考えられる

東京国税局管内での相続財産の課税価格別の申告件数や実地調査件数等が

公表されました。

 

相続財産の課税価格別に

「1億円未満」「1億円以上3億円未満」「3億円以上5億円未満」「5億円以上」

に区分すると、基礎控除の引き下げにより1億円以下の申告が4千万件から1万8千件に

急増しています。

これまでは、「1億円超3億円以下」の申告が1万件と、最も多かったのですが、1億円以下が最多となっております。

申告件数の急増に伴い、課税価格1億円未満への実地調査件数も前年の約1.5倍に増加し、

589件となっております。

申告件数の増加が激しい一方、実地調査割合は1億円未満で3.3%とこれまでより減少はしているようですが、郵便や電話等での簡易な件数は367件と微増して言うようで、

今後も簡易な接触は増加することが見込まれます。

 

当社でも相続税の申告の相談件数が増加しております。

お若い層の方からもご相談をお受けすることも多くなってまいりました。

簡単な申告内容でも自分で申告はやはり不安、、、等ありましたら

初回相談は無料ですので、是非一度ご相談くださいませ。


相続でうけた物件を売却された方、譲渡所得の確定申告が必要です。

 

 

先日、当社ではMFクラウドの確定申告のセミナーを行いました。

image2

電車や新聞広告等で確定申告のお知らせを目にする時期となってまいりましたね。

 

平成30年度中に

相続で受けた物件を売却された方は

譲渡所得の確定申告が必要です。

 

確定申告は平成31年3月15日(金)までに

申告しなければなりません。

 

普段確定申告をされておられない方は、

控除されるもの等ご不明な点が多いかと思います。

譲渡所得の確定申告ももちろん承っておりますので、

ご要望御座いましたら是非ご連絡お待ちしております。



ページトップへ戻る