2019年 3月

平成29事務年度における相続税の調査の状況

昨年12月に、国税庁のHPより

平成29事務年度における相続税の調査状況について掲載されていました。

 

実地調査件数は12,576件、このうち申告漏れ等の非違があった件数は

10,521件となっており、申告漏れ課税価格は3,523億円で、

実地調査1件当たりで2,801万円となっております。

 

申告漏れ相続財産の金額の内訳としては、

  • 現金・預貯金等 1,183億円
  • 有価証券     527億円
  • 土地       410億円

の順で多くなっております。

 

平成28事務年度と比較した内容が

HPに記載されておりますので、下記のURLをご確認くださいませ。

https://www.nta.go.jp/information/release/pdf/3012_02.pdf



ページトップへ戻る