報酬料金

「初回1時間無料」のワケ

税理士事務所のサービスにはいろいろな種類のものがあります。

一般のお客様によっては、そこに聞いたらいいの? 税理士なの? 弁護士なの?そ れとも役所なの?
「何もわからない状況で、税理士事務所のドアを叩くのには抵抗がある。」という声をお客様から聞きます。
的外れな質問と自分で思わず、まずは「よくわからないけど一度相談に乗ってほしい。」とご連絡ください。

初回1時間程度の相談は、無料で行っているので気軽にご連絡下さい。
無料相談の結果、相続税は一切かからないといったような場合でも大丈夫です。

まずは、お客様がドアを叩いていただかないと、何も進まないからこのような無料相談をさせていただいています。

どうぞご活用下さい。

相続税簡易試算
5万円から
相続対策コンサルティング
月額1万円から
相続税申告
財産総額×1%(最大50%の減額あり)

相続税簡易試算

サービス内容

  1. 面談(1時間程度)
    原則として来所いただくことになりますが、体の関係などから来所が困難な場合はご相談下さい。
  2. 相続税簡易試算の実施
    細かく評価するのではなく、概算で実施致します。
  3. 説明及び提案(1時間程度)
    原則として来所いただくことになりますが、体の関係などから来所が困難な場合はご相談下さい。

報酬

原則として5万円(税抜き)となります。
注意1:物件があまりに多い場合は事前に相談させていただきます。
注意2:実際の相続税申告を依頼いただいた方には簡易試算で支払った報酬を値引きさせていただきます。

相続税簡易試算を依頼いただいたお客様のほとんどの方が、スッキリしたと満足されています。

相続対策コンサルティング

サービス内容

  1. 定期的な相談対応(頻度は報酬により異なります。)
  2. 相続税を含めた総合的な相談対応
  3. セカンドオピニオン対応

※あくまでセカンドオピニオンのため既存の税理士先生は変わらないためご安心下さい。


報酬

最低金額が月額1万円からとなっており、サービス内容により変動します。
注意:勝手に報酬を決めることは致していません。必ずお客様と相談の上決めさせていただきますのでご安心ください。

相続税申告

サービス内容

  1. 相続税申告書の作成
  2. 相続税申告書の提出
  3. 遺産分割協議書の作成

報酬

財産価額 × 1%

当税理士法人は、「報酬は適正、税金は出来る限り安く」をモットーにしています。

相続税の報酬と言われてもピンとこない方がほとんどでしょう。

例えば、相続税の申告報酬が10万円、100万円、1,000万円の場合、どの税理士事務所を選びますか?
一般的には10万円を選んでしまいます。

ではそれぞれの税理士に依頼した結果の相続税が以下の場合ならどうしますか?

報酬10万円の税理士事務所(相続税5,000万円)、報酬100万円の税理士事務所(相続税3,000万円)、報酬1,000万円の税理士事務所(相続税1,000万円)
報酬1,000万円の税理士事務所に依頼するでしょう。

つまり、税理士報酬だけで判断してしまうと大損することがあるということです。

当税理士法人は、お客様の支払い負担が他の税理士事務所と比べ、総額で安くなるよう心がけています。
すなわち税金と報酬の合計が一番少なくなるように全力を尽くします。
そのため他の税理士事務所がやってもあまり節税効果が得られないような場合や感情的に報酬を少なくしたい場合には、報酬の減額制度があります。

以下の項目に1つ該当するごとに1割減額していきます。(最大50%の減額を限度とします。)

  1. 土地が居住用のみである場合(手間が少なくなるため)
  2. 配偶者が以前死亡等の場合(配偶者の税額軽減が適用できないため)
  3. 相続開始後3月以内の依頼(早いうちから依頼いただいたことに対する感謝)
  4. 相続人が1人だけの場合(遺産分割協議が不要のため)
  5. 遺産総額の8割以上が預貯金の場合(手間が少なくなるため)
  6. 小規模宅地等の減額が出来ない場合(税額軽減のメリットが少ないため)
ページトップへ戻る