2020年 9月

京都市 20代女性

お客様からのご相談例 2020.09.09

山口県に住んでいた父が亡くなった。

自分は仕事で京都に住むようになったが、この年齢で本当にどうしていいかわからない。

相続人は自分だけなので、遺産分割などは心配ないが、今後のことも含めてアドバイスが欲しい。


名古屋市 50代男性

お客様からのご相談例 2020.09.09

京都に住んでいる父が亡くなった。

不動産の処分も考えているため、信頼できる不動産屋を紹介してほしい。

暫くは、遺品の整理等で定期的に京都に行くため、そのときに合わせて面談等お願いしたい。


京都市 50代女性

お客様からのご相談例 2020.09.09

夫が亡くなった。

国家公務員の共済金がたくさんあるため、どうしたらよいかわからない。


京都市 60代男性

お客様からのご相談例 2020.09.09

広島に住む母が亡くなった。

不動産の売却も考慮して、相談したい。


京都府南部 60代女性

お客様からのご相談例 2020.09.09

父が亡くなった。

父から勘当された兄弟がいるため、円滑に相続したい。


東京都 30代男性

お客様からのご相談例 2020.09.09

京都に住む父が亡くなった。

相続人である母、兄弟共に障害があるため、安心して生活出来るようにしてあげたい。

財産がたくさんあるため、出来るだけたくさんお金が残るようにしたい。


京都市 60代男性

お客様からのご相談例 2020.09.09

父が亡くなった。

10億以上の財産があり、その多くが農地である。

キャッシュが多くはないため、農地の納税猶予を考慮して、税金を出来る限り少なくしたい。


大阪府 60代男性

お客様からのご相談例 2020.09.09

関東に住む父が亡くなった。

兄弟で揉めないように、均等に相続したい。

その上で、節税できる方法があるならその辺りも考慮して提案して欲しい。


京都市 50代男性

お客様からのご相談例 2020.09.09

母が亡くなった。

相続人は自分だけで、申告が必要か不必要かギリギリの範囲と考えている。

心配なので、出来るだけコストはかけず、申告だけはしておきたい。


京都市 40代男性

お客様からのご相談例 2020.09.09

父が亡くなった。

いくつか賃貸マンションを保有しているため、相続税が確実にかかる。

誰が何を相続するのが有利なのかも含めて相談に乗って欲しい。




ページトップへ戻る